パチスロBOM
パチスロBOM
パチンコ・パチスロ用語(あ行)
アウト(アウト穴)
パチンコで打ち出した玉がチャッカーや役物に何も入らずに盤面下のアウト穴に入る、いわゆるハズレ玉のこと。
パチスロにおいては払い出されたコインの枚数のことをアウトと呼ぶ。

朝一(あさいち)
朝一番の状態のことや開店直後にホールに入店すること。
また開店時から1回転も回してない状態を朝イチ状態と呼ぶ。

AT(アシストタイム)
押し順や指定絵柄を狙わなければ入賞しない小役に対して「告知(アシスト)」が発生する機能。エーティーとも呼ばれる。

AT機(エーティー)
押し順や指定絵柄を狙わなければ入賞しない小役に対して「告知(アシスト)」が発生する機種。エーティー機とも呼ばれる。

ART(アシストリプレイタイム)
AT(アシストタイム)とRT(リプレイタイム)を合わせたチャンスタイムの一種。
「リプレイの確率がアップ」すると共に押し順や指定絵柄を狙わなければ入賞しない小役に対して「告知(アシスト)」が発生する機能。エーアールティーとも呼ばれる。

ART機(アシストリプレイタイム機)
パチスロ機の分類の一つ。
AT(アシストタイム)とRT(リプレイタイム)を搭載した機種。
「リプレイの確率がアップ」すると共に押し順や指定絵柄を狙わなければ入賞しない小役に対して「告知(アシスト)」が行なわれる為、それによりコイン増加が見込める。エーアールティー機とも呼ばれる。

アタッカー
アタッカーとはパチンコ機で大当たりラウンド中に一定時間開き玉が入っていく入賞口のこと。
通常8〜10個の玉が入賞して、アタッカー内に玉が入ることで大当たりラウンドが進む。

アツい
パチスロなら特殊役などボーナス期待度の高い役を引いた状態。
パチンコなら大当りの期待が持てるスーパーリーチが掛かった状態時に使われる。

アドリブ
パチスロ漫画『アドリブ王子』の主人公が好んで使う手段。
台の選択時・重要な時の押し順を当てるというような択一問題を選択する際に使うことが多く俗に言う「勘」という印象が強い。

甘デジ(アマデジ)
一般的なデジパチに対し大当たり確率が甘めのパチンコ機種。
基本的に甘デジタイプは約1/100以内の大当たり確率になっている。また、デジハネと呼ばれることもある。

アレパチ
パチンコの遊戯区分の一つ。
昔あったアレンジボール遊技機のゲーム性とパチンコを組み合わせたパチンコ台を指す。
代表的な機種にはCRビッキーチャンス、アレジン、エキサイトなどがある。

RT(リプレイタイム)
リプレイの確率が大幅にアップし、コインがほとんど減らなくなる機能。

RT解除
ストック機において、RTが終了してボーナスが揃えられる状態になること。

RTテーブル
RT解除となる規定プレイ数を、例えば「1〜32G」「33〜64G」などと区切っていること。また、その各区切りのことを指す。「キングパルサー」「吉宗」「押忍!番長」などがこの方式を採用している。

RB
レギュラーボーナスの略。

1確(いちかく)
1リール確定の略。
ワンリール確定(ワンカク)とも呼ばれる。ある1リールを停止させた時点でボーナスやARTなどが確定するリーチ目を指す。また、AT・ART役などを搭載している機種においては、AT発動・終了など以降のゲームの流れが大きく変化するであろう出目もこう呼ばれる。

1G連
ボーナス終了後、1ゲームで連チャンすること。

一回交換
BIGボーナスを引くたびに全ての出玉を交換する営業方法。
1号機から3号機時代によく行われたが最近でもイベントの時に行う店がある。(対義語として無制限営業)

一般電役(いっぱんでんやく)
パチンコ機の分類の一つ。
パチンコ台でメインのデジタルが揃うと大当たりとなり、電チューやアタッカーに玉を入賞させて出玉を得るタイプのパチンコ機。

命釘(いのちくぎ)
命釘とは、主にチャッカーの上にで打たれた2本の釘を指しており、一般的には、ヘソ釘とも呼ばれたりする。入賞率に大きく作用し、命釘の開閉によって回転率が上下する。

イベント
ホールにおける、「打ち手側への利益還元」を目的とした行事。
イベント信頼度そのものはホールによって様々だが、一般的に標準営業に比べ全体の平均設定を上昇させ、プレイヤーが勝ちやすい様にさせる。

イン枚数
パチスロで、プレイヤーが投入したコインの総計のこと。
単純に3枚掛け専用機で3G回した際はイン枚数は9枚と言うように計算する。

ウェイト
1プレイごとの待ち時間を指す。
現行の機種は1プレイの遊戯時間は4.1秒以上という規制があり、それ以内ではレバーONやストップボタンが作動しなくなる。
そのため、早く打っても、待ち時間があるので、1回転ごとのスピードは同じになる。

打ち直し
パチスロ機の設定をホールが「同一設定」に打ち直すこと。
設定変更によってARTのストックが消える機種でよく行われる。


正規のものでないことを指す隠語。
「裏物」「裏基板」「裏ロム」といった言い方をする。

裏モノ(Bモノ)
保通協の検定に合格した正規の台(=ノーマル機)ではない違法台を指す。
プログラムを改変し連荘性を加えたものが多い。
5号機ではプログラムや筐体のセキュリティ技術が向上したため、裏モノ化するのは困難とされている上、法整備の強化で裏モノの設置が発覚すると店は営業停止処分を受ける。

上乗せ
AT(アシストタイム)やART(アシストリプレイタイム)フラグを消化中に、新たに同一フラグを引いた場合、残りゲーム数やATorARTが加算されること。

ANY
リーチ目表や配当一覧によく書かれている文字。
「ANYTHING」の略で何が停止しても可という意味である。。
リール箇所にANYと記載されている場合、また役の配当表で、チェリーなどの1リール確定小役のときに、払い出しと関係ないリールの図柄を記載する代わりに「ANY」と書かれることがある。

Aタイプ
パチスロ機の分類の一つ。
ボーナスのみで構成された機種を指す。

ST機(エスティーキ)
パチンコ機の分類の一つで規定回転数で区切られた確変機。
従来のデジパチの確変機とは違い、基本的にどの大当り図柄で当っても大当り終了後は、100%確変状態となる。
ただし、この確変状態は規定回転数で管理されており、規定回転数消化後は大当りせずとも通常時へと転落してしまう。

遠隔操作
プログラム本来の抽選とは無関係に大当りさせたり、ボーナスフラグを立てたり、一定時間大当りさせないように制御させる違法操作のこと。遠隔とも略されて呼ばれる。

演出
パチンコ、パチスロのゲーム中に起こるリーチや、効果音、液晶のアクションなどを総称して演出と呼ぶ。

大当たり周期
大当たり周期とはパチンコ、パチスロの大当たりの波のカウンターが一周するのに要する時間のことです。体感機はこの大当たり周期を判別して大当たりを意図的に狙います。

オカルト
オカルトとは理論的に根拠がない打ち方などのこと。
体験談を元にしたものが多くオカルト攻略法やオカルト必勝法などと呼ばれる。

沖スロ
沖縄パチスロ(30パイ)の略。
沖縄県向けに作られたパチスロ機。普通の25ミリサイズのコイン(25パイ)より大きな「30ミリのコイン(30パイ)」を使用する機種が沖スロと呼ばれる。
また完全告知式の30パイのスペックのパチスロ機が多かったことから、同様の機種のことを現在では沖スロと呼んだりもする。

お蔵入り
何らかの事情により(一時、または半永久的に)世間一般に流通させなかった、またはできなかった機種を指す。

遅れ
スタートレバーを叩いた時に発生する効果音が通常より若干遅れること。
他にも「停止ボタンを押した時の音が遅れる」などの演出もある。

押し順
リールを止める順番。
一般的には「順押し(左中右の順)」、「ハサミ打ち(左右中の順)」、「逆押し(右中左の順)」「中押し(中左右or中右左の順)」などがある。

オバケ
レギュラーボーナスのこと。
語源は「ビッグがレギュラーに化けた」や、「すぐ消える(出玉が少ない)のでお化け(幽霊)」から来ている。略後として「バケ」と呼ばれることもある。

オヤジ打ち(おやじ打ち)
パチンコ、パチスロで技術的な要素をなにも考えずに打つこと。
パチスロで小役などが成立している際も目押しを行わずに適当に打ったり、パチンコでリーチや大当たりのラウンド間も玉を打ちっぱなしにする打ち方をオヤジ打ちと呼ぶ。フリー打ちなどとも呼ばれる。

オリ法
オリ法とはオリジナル攻略法・オリジナル必勝法の略で個人の体験談を元にした独自の攻略法のこと。
オリ法には科学的な根拠はなくオカルト的な要素が強い打ち方が多い。



か行/さ行/た行/な行/は行/ま行/や・ら・わ行

パチスロBOM TOPへ