パチスロBOM
パチスロBOM
パチンコ・パチスロ用語(は行)

ハイエナ
天井が近いパチスロ台やRT・AT・ARTが潜伏していそうな台を人が打つのをやめた後に打つことをハイエナと言う。動物のハイエナが餌をありつくためにうろうろすることからこう呼ばれている。

ハウスモノ
裏モノの一種。ホールが独自に裏物業者等で作らせた、その店独自バージョンのB物(裏物)のこと。そのためノーマルに近い状態にすることや通常の裏モノ以上に波を荒くすることも可能であった。

バウンドストップ
リール停止時に「ブルッ」と絵柄がバウンドしたように見える止まり方。
山佐の「ナイツ」で初搭載され、以降同社のリリース機種に多く見られる。

バケ(オバケ)
パチスロ用語で、レギュラーボーナスのことを言う。
語源は「ビッグがレギュラーに化けた」や、「すぐ消える(出玉が少ない)のでお化け(幽霊)」から来ている。バケのほかに、スモールやベイビーとも呼ばれたりもします。

ハサミ打ち
パチスロのリールを止める順番のことを指す。
「左→右→中」の順番でリールを止めること。

端玉(はだま)
パチンコやパチスロの玉やコインを交換する際に、交換しきれず余った玉やコインのことを端玉と言う。
パチンコ店・パチスロ店により異なるが、余った玉やコインはチョコレートや飴などのお菓子に交換する場合が多い。

パチプロ
パチンコやパチスロで得た収入で生活している人のことをパチプロと呼ぶ。

パチンカー
パチンコを打つ人やパチンコ好きな人のことをパチンカーと呼ぶ。
パチスロを好んで打つスロッターと対比して使われることが多い。

初当たり(はつあたり)
初当たりとはパチンコやパチスロで通常時に当たった1回目の大当たりのことを指す。
連チャン中に引いた大当りやボーナス・RT・AT・ARTは含まれず、純粋に通常時に時のみ引いたものが初当りとなる。

パッキーカード
パチンコで貸し玉を受けるときに使うプリペイド式のカードがパッキーカードと呼ばれる。
現金機はパチンコ台横のサンドに現金を入れて貸し玉を得るのだが、CR機では、カードを自動貸し玉機に挿入してパチンコ玉を借りて遊戯することとなる。

羽根物(ハネモノ)
パチンコ機の区分の一つ。
スタートチャッカーに玉が入賞すると役物の羽根が開閉し、そこに拾われた玉がVゾーンに入ると大当たりになるパチンコ機のこと。別名で平台とも一般台とも呼ばれる。

パネル
パチスロ台の下部にある機種名やキャラクターなどが描かれていパネルのことを指す。
人気機種では数種類のバージョンのパネルが発売されたりする。また、台の型番や認定証などもここに記載されている。

ハーネス
ハーネスとはパチンコ台やパチスロ台の構成部品の一つで基盤とコントロールボックスを連結する部品。
ハーネスはパチンコ機の中で人間の体の神経のような役割をしており、電気的な情報を送っている。
そのためパチンコやパチスロの不正改造では、ハーネス部分をいじることもあった。

ハマリ
長いゲーム間、ボーナスなど出玉増加の契機に当選しない状態を指す。

パロット
パチンコ玉で遊技するパチスロ。

パンク
パチンコやパチスロの大当たりを全部消化出来ずに終了してしまうことをパンクと言う。
例えばパチンコの場合では大当たり中に玉が入賞できないことをパンクと言い、パチスロの5号機の場合ではリプレイタイム中に特定の図柄が成立してリプレイタイムが終了してしまうことをパンクと言います。
また、5号機以前のパチスロではビッグボーナス中、3回目のボーナスゲームを終了する前にボーナスゲームが終わってしまった場合。

ハンドル
パチンコ台の右下にあるパチンコ玉を飛ばす装置の名称。
ハンドルを右に回せば、発射するパチンコ玉の勢いが強くなる仕組みになっている。

引き
運の要素全般を指す言葉。
ボーナスの引きが強い、入場抽選の引きが最近悪い等と、強弱、良し悪し等で表される。
基本的に根拠は一切なく、広義的に見ればオカルトの一種とも言える。

引き戻し
パチンコやパチスロで連チャンが終了した後、またすぐに連チャンが始まることを指す。

ビッグボーナス
特定の図柄が揃うことにより、一定の範囲で連続して払い出しを受けられるボーナスゲーム。
「ビッグチャンス」とも言い、「ビッグ」、「ナナ」、「BB」(BIG BONUSの略)等と略されることが多い。
沖縄では「マギー」「セブン」とも呼ばれる。

ビタ押し
図柄を狙った位置に1コマの精度でぴったり目押しすること。
かつてはビタ押しの出来不出来で出玉に大きく関わる機種も多かったが、近年、特に5号機ではビタ押しをせずとも獲得枚数に大きな差が出なくなってきている

ビタ止まり
リールが目押しした図柄から1コマもすべらずに停止すること。

1コマ
図柄ひとつ分のこと。

1コマ目押し
図柄を狙った位置に1コマの精度でぴったり目押しすること。
ビタ押しと同義語。

ピン打ち
基本的に一人で立ち回ること。ノリ打ちの対義語。

フィーバー(FEVER)
フィーバー(FEVER)とはパチンコの大当たりのことを指している。
また、フィーバーはパチンコメーカー三共の登録商標となっており、同社製のデジパチタイプのパチンコでは名前の頭にフィーバーという言葉が入っている。

風営法(ふうえいほう)
パチンコやパチスロを規制する法律の一つ。
パチンコやパチスロのギャンブル性を規制するなどの目的として適用される。
また、店の開店や閉店時間も風営法という法律が適用される。

風車(ふうしゃ)
パチンコ盤面の役物の一つです。風車のようにクルクル回ることからそう呼ばれる。
風車は釘によって固定されており、パチンコ玉を振り分けるために設置されており、風車の調整によって出玉の動きも変化する。

ブッコミ
パチンコの打ち方の一つ。
山釘の一番上と天釘の左との間に向かってパチンコ玉を打つことをブッコミと言う。
ブッコミはパチンコの打ち方としては最もポピュラーかつ基本的な打ち方で、初心者の人にも無難な打ち方と言える。

フラグ
フラグとはパチスロで用いられる言葉でボーナスやベルなど小役が成立した状態になることをフラグが立つなどと言い、この状態になると成立した役を揃えることができるようになる。

フラグ持ち越し
大当たり中にジャックインをすぐに揃えずに、持ち越しできる機能。

ブランク(絵柄)
リール上の絵柄で払い出しに関わらない絵柄。
出現時はチャンスやボーナスフラグを示す場合もある。
また、ブランクは0枚小役とも言われる。

フリー打ち
通常時に目押しや小役狙いを一切せずに適当に押すこと。

フリーゲーム
パチスロでリプレイ小役が成立した際の次のゲームのこと。
フリーゲームではコインを使用せずにゲームを消化することができます。

フリーズ
フリーズはパチスロの演出の一つで、ゲーム中に突然操作できなくなる状態を指す。
一般的なフリーズ演出にはレバーオンしてもリールが回らなくなる状態がある。

フルウェイト(ウェイト)
リール停止後にすばやく次プレイを行う際にリールが回らない現象のことをフルウェイト(ウェイト)と呼ぶ。
パチスロはあまりプレイ数を回さないように、ある程度の時間が経たないとゲームが始まらない仕組みになっており、そのために起こる現象がフルウェイトとなる。

フルオープン
パチンコの大当たり中にアタッカーが開いたままの状態のことをフルオープンと呼ぶ。
アタッカーは大当たり中規定時間(大体30秒位)開いた状態になりますが、フルオープンではその規定時間までアタッカーが開いたままになる。
アタッカーは玉が入賞すると閉じるのだが、玉をわざと入れなかったりすることでフルオープンの状態になる。

フルスペック
パチンコ機の区分の一つ。
一般的には大当たり終了後に時短が付く機能を持ったパチンコ機のことをフルスペックと言い、以前までは大当たり後100回転の時短が付くパチンコ機をフルスペック、大当たり終了後に50回転などの100回転以下の時短が付くパチンコ機をハーフスペックなどと呼んでいた。

プレミアム(プレミア)演出
パチンコやパチスロで通常時には滅多に出現しない特別な演出のことをプレミアム(プレミア)演出と呼ぶ。特に大当たり確実なリーチや演出をプレミアリーチ・プレミアム演出と呼んでいる。

PAYOUT(ペイアウト)
払い出しのこと。ペイアウト率100%なら、±0になると言うこと。

PUSHボタン
台特有の演出やモードなどを行うボタン。
演出に使用することからチャンスボタンとも呼ばれる。ゲーム性を高めるために最近ではほとんどのパチンコやパチスロ台に搭載されている。

ベース
1ゲーム当たりで、投入したコインに対して返ってくるコインの期待値。
例えば「ベース50%」の場合、ハズレも含めた全小役の平均値としてコイン3枚投入に対し50%にあたる1.5枚が期待値となる。

ヘソ(へそ)
主にパチンコ機の盤面真ん中にあるスタートチャッカーのことをヘソと言う。

ベタピン
全台低設定または設定1にしてしまうこと。またはその状態をしばらく放置しておくこと。ピンはサイコロの目の1が語源。

ペナルティ
RT・AT・ART機などにおける、押し順などの指示をプレイヤーが守らなかった場合の措置。
ペナルティ中はRT・AT・ART抽選が行われない、当選しても発動させない、天井までのゲーム数がカウントされないなどがある。

変則打ち
順押し以外の変則的なリールの押し順のこと。
機種によっては変則打ちで成立しているボーナスや小役をいち早く察知する事が可能であったが、一部機種では変則打ちを行う事でペナルティが発生する機種が登場する。

補正
小役補正のこと。小役の出現率波を安定させるためにプレイ数と払い出し枚数を、小役の高確率状態と低確率状態を行ったり来たりするシステム。

保通協(ほつうきょう)
パチンコ・パチスロメーカーが開発した台が規格に適合しているかどうかをチェックする機関のことを保通協と言う。正式名称は財団法人保安電子通信技術協会と呼ばれ、公安委員会の委託を受けて検査を実施している。

ボーナス
いわゆる当たりのこと。ビッグボーナス、レギュラーボーナス、シングルボーナスの3種類がある。

ボーナスイン
ビッグボーナス消化中に、小役ゲームからボーナスゲームに突入すること。

ボーナス確定
パチスロ機内部でボーナスフラグが成立しており、狙えば揃う状態にあること。

ホッパー
パチスロで使う装置の一つでパチスロのコイン払い出し装置のこと。
台内部に内蔵されており、パチスロ内に貯まったコインを払い出す機能を持つ。また、コインが貯まり過ぎたり、コインが切れた状態になるとホッパーエラーというエラー状態になる。

保留玉(ほりゅうだま)
メインデジタルが回っているときにスタートチャッカーに入賞した玉を台が記憶する機能のことを保留玉とは言う。以前は保留できる数は最大でも4個までだったが、最近では時短中などに最大8個まで保留できるパチンコ機種も登場している。

保留玉連チャン
大当たり終了後に貯まった保留玉によってもう一度大当たりがくることを保留玉連チャンと呼ぶ。

ホール
パチンコ・スロットのお店のこと。ホールのほかに昔はパーラーなどとも呼ばれた。

ホールコンピューター
ホール内にあるメインコンピューターのこと。
主にパチンコやパチスロの払い出しや大当たり回数のデータの管理をしている。略してホルコンとも呼ばれる。



あ行か行/さ行/た行/な行/ま行/や・ら・わ行

パチスロBOM TOPへ