パチスロBOM
パチスロBOM
パチンコ・パチスロ用語(さ行)
再抽選(さいちゅうせん)
通常図柄で大当たりした場合に、確変への昇格をもう一度抽選する機能のこと。
ただし、内部的には大当りの際に決定されているのでプレイを盛り上げるための演出の一環となる。

先告知
完全告知タイプの機種において、レバーON時やリール始動時に告知が行われること。
「前告知」ともいう。

サクラ(さくら・サクラ行為)
サクラとはパチンコ・パチスロ店において、ホール関係の人間を契約で雇ってあらかじめゲージや設定などの甘いパチンコやパチスロを打たせ出玉がいいということをお客にアピールする宣伝行為。

サブデジタル
主にパチンコの電動チューリップが開放するかしないかを決めるデジタルのこと。
メインデジタルに対応した用語で別名小デジタルとも呼ぶ。

サンド
玉・コイン貸し出し機の俗称でパチンコ台やパチスロ台の間にある玉やコインを貸し出す機械のこと。
ほとんどのパチンコ店やパチスロ店には設置されており、パッキーカードを購入後サンドに差し込んで玉やコインを借りる店が主流となっている。

30パイ
パチスロで使用するコインの名称。
通常よりも大きい直径約30mmの大きさのコインのことを「30パイ」と呼び、主に沖スロと呼ばれるパチスロで使用される。

3枚掛け
コインを3枚投入した状態のこと。
パチスロは3枚がけを基本として考えられているため、1枚・2枚がけでは大当たり確率が大幅に下がる。

ジェットカウンター
パチンコの玉やパチスロのコインの数を数える機械のこと。
ホールには必ずと言っていいほど設置されており、パチンコ・パチスロの遊戯終了後ジェットカウンターに玉やコインを入れるとその個数が紙に印字される。その紙を持ってカウンターで景品と交換するシステムになっている。

ジグマ
同じ店に通い続けるパチプロ・スロプロのこと。

Cタイプ
パチスロ機の分類の一つ。
ビッグボーナスがなく、メインの役がシングルボーナスの集中またはATというパチスロ機。

時短(じたん)
メインデジタルの回転時間や小デジタルの抽選時間が短縮される機能のこと。
主に小デジタルの抽選確率がアップし、電チューの開放時間が長くなる電サポ状態のことを指す。
そのためパチンコ玉の減りが少なく玉持ちが向上する。

CT(シーティー)
「チャレンジタイム」の略称。
パチスロの機能のひとつで、この間は特殊なリール制御となり、小役を狙って揃えられるようになる。

CT機
パチスロ機の分類の一つ。
「チャレンジタイム」を搭載している機種のこと。
パチスロの機能のひとつで、この間は特殊なリール制御となり、小役を狙って揃えられるようになる。

実戦値(実践値)
コンピュータ解析ではなく、実際に打った結果を集計した値。

シフト持ち越し
BIG中にJACイン図柄のフラグを持ち越す機能。シフトフラグ持ち越しとも言われる。
ビッグボーナス中の小役ゲームで成立したJACIN図柄のフラグを内部的にストックして、好きなときに揃えれる機能。
この機能があると小役ゲームをフルに消化でき、パンクも起きにくくなる。
「吉宗(大都技研)」、「マリーンバトル(ミズホ)」などに搭載されていた。

島(シマ)
パチンコ台やパチスロ台が設置されている通路等で仕切られた一列分のことを島と言う。
また同じ機種のパチンコやパチスロを置いている区域のことも島と呼んでいる。

弱ハズレ
弱ハズレとは主にRT・AT・ART機能を搭載したパチスロ機で使われる用語。
通常、メイン基盤では、内部的に何も当選していない単なるハズレとなる役なのだが、RT・AT・ARTを搭載している機種では、ハズレ出現時にもサブ基盤でRT・AT・ARTの抽選が行なわれており、その中でも当選期待度の低いハズレを「弱ハズレ」と呼んでいる。

ジャック(JAC)
パチスロのボーナス中に、揃うと払い出しのある役のこと。

ジャックイン(JACイン)
ビッグボーナス中に小役ゲームからボーナスゲームに移行(シフト) すること。
5号機では、JACインに絵柄入賞を伴わなくても良くなったため、ビッグボーナス開始及びJACゲーム終了と同時に自動でJACインする機種が主流である。

JACゲーム(ジャックゲーム)
パチスロにおいて、特定の図柄が揃った後に始まるゲーム。
1枚投入で15枚の払い出しを得られるものが多い。
またシングルボーナスもこの部類に入る。

JACハズレ(ジャックハズレ)
パチスロでJACゲーム中ジャックインが成立しないことをJACハズレと呼ぶ。
ほとんどのパチスロではJACハズレになる確率は低く、このJACハズレに特典を持たせたパチスロ機も存在した。

集中役
シングルボーナスの確率がアップする機能。
2号機以前では小役の確率を上げることができたため、小役の集中役が存在した(通称フルーツゲーム)。
パンク(終了)フラグやビッグボーナス(純Cタイプではレギュラーボーナス)フラグを引くと終了する。
パンク抽選は毎ゲーム行うように決められているため、数ゲームで終わることもあれば1,000ゲーム近く続くこともあり、不安定でギャンブル性の高い役と言える。5号機では全面的に禁止された。

純A(タイプ)
AT・RT・ART・ストックといった付加機能を一切持たず、単純にボーナスのみで出玉を獲得する機種のこと。タイプ分けのなくなった5号機においても、同種類の機種に対して使われることもある。

順押し
パチスロのリールを止める順番のことを指す。
左→中→右の順で押すことを順押しと呼ぶ。

純増(純増枚数)
得られた出玉から、投入した出玉を差し引いた枚数や値。
パチスロの実質的なコイン獲得枚数のことを指しており、例えば3枚のコインを掛けて15枚小役が揃った場合、純増は12枚ということになる。
機種における平均獲得枚数を表記する場合、おおむねこの数値が用いられる。

純ハズレ
パチスロで内部的に何もフラグが成立していないことを純ハズレと言う。
RT・AT・ART・ストック機能が搭載されたパチスロ機では純ハズレを契機にRT・AT・ARTが抽選されたりする場合が多い。

賞球(しょうきゅう)
パチンコ盤面のアタッカーや役物に玉が入ることで払い出される玉のことを賞球と言う。

消灯
リールの停止にあわせて、リール裏のランプが消える演出。
消灯したリールの数や消灯のタイミングで成立した小役を告知する役目を持つ。

新基準機(しんきじゅんき)
新たな規制がかかったパチンコ機のことを新基準機と言う。
現在のパチンコは平成16年7月からの規制に準拠した仕様のパチンコ機がホールに設置されている。

SIN(シングルボーナス)
シングルボーナスの略。
元々は1回だけのJACゲームが発生する機能なのだが、5号機においては「入賞させるとペナルティ」の対象にされる機種が多い。

SB(シングルボーナス)
シングルボーナスの略。
元々は1回だけのJACゲームが発生する機能なのだが、5号機においては「入賞させるとペナルティ」の対象にされる機種が多い。

吸い込み方式
ボーナスを完全確率ではなくコインのIN・OUTの差枚数によってボーナスフラグを成立させる方式。
1号機、1.5号機で使われたが、2号機のアニマルを最後に吸い込み方式は禁止となる。
しかし、5号機では規約の解釈により、「スーパービンゴ」で、ARTの周期抽選として吸い込み方式を再現している。

図柄
リールに描かれている絵柄のこと。

スタートチャッカー
パチンコ機の主に中央に設置されているメインデジタルを回転させるための入賞口。

スタートレバー
リールを回転させるためのレバー。

ストック(ST)
ストック(ST)とはパチスロで当選したボーナスを内部的に貯める機能のこと。
特定の条件により、まとめて放出し意図的な連チャンを生み出す。

ストック機(ST機)
パチスロ機の分類の一つ。
ボーナスやRTやARTをストック(保留)する機能を搭載している機種のこと。

ストック切れ
大連荘などでストックがなくなってしまうこと。
ストック消しは店側が(ほぼ)意図的に消すのに対し、こちらは不可抗力である。

ストック消し
「ストック飛ばし」ともいう。
意図的に店側がRANクリア(初期化)等を行いストック無しの状態にしてしまうこと。

ストック放出
内部的にストック(貯留)されたボーナスを特定条件を満たすことで揃えられる状態になることをストック放出と呼ぶ。
通常はストック放出契機1つにつきストック1つ放出だが機種によっては特定条件でストックをすべて放出するということもある。

ストップボタン
パチンコの玉を一時的に止めるボタンのことをストップボタンと言う。
ストップボタンは単発打ちや打ち止めなどで使われ、ウェイトボタンとも呼ばれる。

ストローク
パチンコ玉を打つときの狙うポイントのことをストロークと呼ぶ。
またパチンコのスタートチャッカーに玉が入るようにハンドルを調整することもストロークと言う。

スーパーリーチ
パチンコ用語で通常のリーチよりも信頼度が高く大当たりの可能性の高いリーチのことをスーパーリーチと言う。

スペック
パチンコやパチスロの性能のことをスペックと言う。
具体的にパチンコの場合、大当り確率や確変突入率、時短性能、賞球数などを指し、パチスロの場合はボーナス確率や機械割などの数値を指す。

スベリ
パチスロでリールが目押しした位置よりスベって止まること。
小役やボーナスが当選していない時に揃わないようにしたり、当選している時に揃えるよう引き込む等の効果がある。
また、パチンコでは演出の一環としてデジタル図柄をスベらせるものもある。

スランプグラフ
台における出玉挙動をグラフ化したもの。
x軸がゲーム数、y軸が差枚数となっているのが一般的。
近年では台の液晶部分や店舗の情報端末としてプレイヤーへ提供していることが多い。

スルーチャッカー
パチンコで入賞しても玉の賞球が得られない(払い出し)がないチャッカーのことをスルーチャッカーと呼ぶ。
主に、デジパチでは小デジタルの抽選に使用して電チューを開かせたり、権利物パチンコではメインデジタルの抽選のために使われたりする。

スロッター
パチスロを好んで打つ人の略語。

セグ
パチンコ台盤面に設置された7セグメント表示器のデジタルを略してセグと言う。
パチンコの規定上盤面のどこかに大当りの内部状況を表示しなくてはならない規定があり、それを表示するための手段として使われている。
このセグにより大当りの当選状況「通常大当りor確変大当りor潜伏確変or小当り」を判断することが可能となる。

設定
基本は設定1から設定6の6段階が存在し、設定ごとにBIG・REGその他付加出玉機能(RT・AT・ART等)の出現確率に格差を設けて出玉率をコントロールする。
理論上では設定6が一番出玉率が高く、設定1が一番出玉率が低い。

設定判別
様々な試行を元に、遊技台の高低を推測する行為。
「設定差の付けられている当選役の出現率から判断する」手法が一般的である。

セット打法
セット打法とはパチスロのボーナスを強制的に出させるための打ち方のこと。
特定の手順があらかじめプログラムされた裏物のみで通用するものがほとんどである。

セブン機
パチンコの遊技区分の一種。
一般的にはデジパチと呼ばれ、メインデジタルが揃えれば大当りとなりアタッカーが開く機種の総称。

ゼロ確(0確)
パチスロの0リール確定を略した言葉。
コイン投入時やレバーONした時など、リールを停止させる前にボーナスが確定している状態を指す。
例えば、沖スロの先告知やジャグラーの先光がこれにあたる。

全回転(ぜんかいてん)
パチンコのリーチの一種。
3つの図柄が揃いながら回るリーチアクションのことを指す。
全回転は殆どのパチンコ機で最も信頼度の高いリーチアクションで、ほぼ大当たりが確定となる。

先行導入
パチスロメーカーが経営する直営店等で販売前に機種を試験的に導入すること。
先行導入することによりユーザーの反応などを見て試験導入後に販売するかどうかを決めるメーカーの販売検討手段の一つ。
試験導入後にお蔵入りになった機種もある。(同義語としてプレ導入)

前兆(ぜんちょう)
パチンコのリーチやパチスロの大当たりを予告する演出のことを前兆と言う。
前兆中は、通常のアクションとは異なる特定演出が発生したり、一定の演出が頻発したりする。

全ツッパ
投資額がかさんでもかまわず打ち続ける行為。

潜伏(潜伏状態)
パチスロにおいてRT・AT・ART・ボーナスが内部的には成立しているのに特定期間放出しないことを言う。
主にRT・AT・ART・ストック機能のあるパチスロに搭載され、規定ゲーム数を消化することで、これらが放出される。

潜伏確変
パチンコにおいて内部的に確変状態の時のことを潜伏確変と呼ぶ。

ソレノイド
コイルに電流を流すことで磁力を発生させる装置がソレノイドと呼ばれる。
パチンコではソレノイドを利用して役物を動かしたり、パチスロでは体感機と併用して使われます。
なお、パチンコ・パチスロ店ではソレノイドを使用することはゴト行為にあたる。



あ行/か行/た行/な行/は行/ま行/や・ら・わ行

パチスロBOM TOPへ