パチスロBOM
パチスロBOM
パチンコ・パチスロ用語(た行)
タイアップ(機種)
機種におけるモチーフ・テーマに著名人、作品などをフィーチャーした機種を指す。
元々の知名度があるため、販売面でのリスクが少なくある程度のヒットチャンスが見込まれ、また新規客層の獲得にも一役買っている。

体感機(たいかんき)
一定のリズムで振動を伝える機械が体感機と呼ばれる。
パチンコ・パチスロ機の大当り周期を体感機に覚えさせ、その周期に合わせて打つと大当りやボーナスを狙い撃つことができる。
なお、ホールでは体感機の使用はゴト行為となる。

大量獲得機
ビッグボーナス1回の獲得枚数が多めに設定されている機種のこと。
「吉宗」や「大花火」などがこれにあたる。

立ち回り
勝つために上手く行動すること。

ダブルリーチ
有効ライン上に同時に2つの図柄が揃ってリーチになることをダブルリーチと呼ぶ。

ダブル抽選
5号機より搭載された機能の一つでART搭載機種に多く使われている。
1回の抽選契機に対し「ボーナス」と「RT・AT・ART」のダブル(同時)抽選が行なわれることを指す。
例としては、緑ドン VIVA!情熱南米編などがある。

単チェリー
左リールだけにチェリーが止まり、他のリールにチェリーが止まってない出目。
リーチ目やチャンス目になる機種も多い。

単発
当選した大当りやボーナスが1回だけで終わることを言う。

単発打ち(たんぱつうち)
パチンコ台で一玉づつ玉を打ち出すことを単発打ちと呼ぶ。

チャレンジタイム(CT)
いずれかのリールを無制御にすることにより、目押しで自由に小役を揃えられる状態(リプレイとボーナスは不可)。
ただし、5号機のCTは「規定枚数の獲得で終了するボーナス」の扱いとなっており、1コマまでのスベリが認められるなどの違いがある。

チャンスゾーン
RT・AT・ARTにおいて通常よりもこれらの当選率が高い状態を指す。
主にボーナス終了後や特定役成立後に突入し規定ゲーム数章かすることで終了となる。

チャンス目
RT・AT・ART機において、ボーナスやRT・AT・ARTの当選を期待できる出目を指す。
リーチ目とは異なりこの時点ではボーナスの当選は確定していない。
主に、「小役の取りこぼし」時に出現する。

チャンスリプレイ
RT・AT・ART・ボーナスの抽選が行なわれるリプレイ。通常のリプレイに比べRT・AT・ART・ボーナス期待度が高いことから通常リプレイと区別している。なお、特殊リプレイとも呼ばれる。

注射
正規の基板に対し、電源起動後にROMから読み込まれたプログラム(RAM)を書き換え、台を裏モノへと変貌させる行為。

貯玉(ちょだま)
パチンコ・パチスロで獲得した玉・コインを交換しないでホールに預けること。
一定の玉数になったときに換金できるので、端玉の無駄が減るメリットがある。

通常時
RT・AT・ART状態でない通常プレイのこと。

2パン(ツーパン)
ビッグボーナスの際に、3回のボーナスゲームを2回しかできずにパンクしてしまうこと。

ツモる
「引く」や「GET」と同義語。「設定6をツモる」等という。語源は麻雀用語の自模から。

2リール確定目
2リール停止させた状態でボーナスが確定する出目。

低確(低確率状態)
低確(ていかく)とはゲーム中に大当たりやボーナスの確率が通常時より低い状態のことです。一般的には通常時から低確状態へと転落してこの状態へと移行したりします。

DDT打法
通常時の小役狙い打法のこと。KKK打法と同じ。

低玉貸し営業
通常、メダルの貸出は1枚20円が主流であるが、この貸出レートを引き下げ「10円スロット」「5円スロット」といった形で営業を行うホール。

出入り禁止
迷惑行為や不法行為を行った客に対し、ホールが以後の入場を禁止すること。

手入れ
BETボタンではなく手でコインを投入すること。

デジパチ
パチンコ機の区分の一つで、盤面にメインデジタルを搭載し、デジタルの図柄が揃えば大当たりするゲーム性のパチンコ機。デジタルパチンコを略してデジパチと呼ばれ、パチンコ台の中では最もポピュラーで、大抵のパチンコ機種はこの区分に入る。

データロボ
データロボとはパチンコやパチスロのデータを公開した機械のこと。
大当たり回数などの出玉状況をリアルタイムで公開しているため、そのデータを基にパチンコ台やパチスロ台の良し悪しを参考にすることが出来る。

出玉
獲得したコイン・メダルのこと。

出玉保障
主に閉店時において、その後の出玉が確定している場合、店側がプレイヤーに対し出玉を与えること。

出玉率
投入枚数に対する払い出された枚数の割合。
機械割と同じ意味となる。

鉄板(てっぱん)
大当りやボーナスの信頼度が100%の演出のこと。
主に大当りやボーナスが確定するプレミアム演出やリーチ目などを指す。

テトラリール
パチスロでメインリールのほかにつけられた4番目のリールのこと。
パチスロメーカー山佐が初めて使用。現在ほか機種でも4つめのリールがついた機種もあるが、正式には山佐が開発したものをテトラリールと呼ぶ。

テーブル方式
パチスロのリール制御の方法の一つ。
役によってあらかじめ停止する位置を細かく設定したテーブル使用することで多彩な停止パターンを演出することができ、主に4号機以降の台のほとんどに使用されている。

出目(でめ)
パチンコやパチスロの液晶画面やリール部分に表示された図柄の並びのこと。

デモ画面
パチンコやパチスロの待機状態のときに、液晶に表示される画面のこと。
パチンコではデジタルを回さずにいるとデモ画面になり、パチスロではベットせずにプレイ終了のまま数十秒後くらい経つとデモ画面になる。

天井
決められたゲーム数になると強制的にRT・AT・ART・ボーナスフラグが立つ救済処置機能。
規定ゲーム数消化することで到達し、5号機では、ボーナスではなくRT・AT・ARTなどの特典が付与される。

電チュー
パチンコの電動役物の一つ。正式名称は電動チューリップで、略して電チューと呼ばれる。
小デジタルが当たるといった条件により一定の間開く仕組みになっている。

電サポ
小デジタルの当たり確率がアップし、電チュー(電動チューリップ)が開きやすい状態のことを指す。
主に、時短中などがこれにあたる。

テンパイ
2つのリールを押した時点で、同一絵柄が当選ライン上に並ぶこと。
パチンコにおける「リーチ」に同じような意味となる。
テンパイ絵柄、もしくは当選ラインが2種類だと「ダブルテンパイ(ダブテン)」、3種類だと「トリプルテンパイ(トリテン)」と称される。

トイレ目
1リールまたは2リールを止めたとき、小役がはずれればリーチ目となる状態。
空回しにしてトイレに行き、戻ってきたときにリーチ目かどうかがわかるところから命名された。

等価交換(とうかこうかん)
パチンコ玉やパチスロのコインを換金するときの比率が玉やコインを借りた時と同じ比率であることを等価交換と言う。
パチンコでは1玉を4円で借り4円で交換できること、パチスロではコイン1枚を20円で借り、20円で交換できることが等価交換となる。

透過パネル(とうかぱねる)
有機LEDを使用して透過板に映像を映し出すパネルを透過パネルと呼ぶ。
透過パネル上では通常の画面の上に別の絵柄や演出が出現したりする。

同時当選(重複当選)
5号機より搭載された機能の一つで「小役とボーナスが同時に当選」することを同時当選と呼ぶ。
また、重複当選とも呼ばれる。

同時抽選(どうじちゅうせん)
小役とボーナスのフラグを同時に抽選する機能。
5号機のパチスロ機に多く搭載されており、同時抽選機能ではフラグが重複して成立するため、見た目はストック機の小役解除に見える。同時当選とも呼ばれる。

同一フラグ
特定の小役フラグ当選時に、リール制御振り分けにて揃う小役を変化させることで、見かけ上1Gに複数の小役が成立しているようにすること。
なお、5号機では同一フラグが禁止されており、複数のフラグを同時成立させることで同一フラグに見せかけている。

等倍返し
3号機以前に搭載されていた機能で、ボーナスフラグが成立すると小役の払い出し率が90〜100%程度に上がり、目押しができない人でもあまりメダルを減らさずボーナスを揃えることができた救済機能。これを利用した攻略法なども存在したため、4号機からは禁止された。

特殊リプレイ
RT・AT・ART・ボーナスの抽選が行なわれるリプレイ。通常のリプレイに比べRT・AT・ART・ボーナス期待度が高いことから通常リプレイと区別している。なお、チャンスリプレイとも呼ばれる。

特定役
パチスロにおいて、RT・AT・ART・ボーナス等の抽選契機となる役。レア役とも呼ばれる。

突確(突然確変)
パチンコ機の演出の1つ。2R確変とも呼ばれる。
確変図柄の大当たりを引いていないにもかかわらず、確変に当選している状態のことを指す。
主に、2R確変という出玉のない大当りに当選したときに突入する。

止め打ち(とめうち)
保留玉が一杯の状態のときや電チューの開放状況に併せて打ち出しを止め、無駄玉を減らす打ち方のことを止め打ちと呼ぶ。

取りこぼし
パチスロで小役が成立しているにも関わらず、小役を揃えられなかった状況を取りこぼしと呼ぶ。
取りこぼしの多くは適当打ちで生じ、本来獲得できるコイン枚数を取りこぼすことになる。

ドル箱
獲得したパチンコ玉やパチスロのコインを入れる容器のことをドル箱と呼ぶ。



あ行/か行さ行/な行/は行/ま行/や・ら・わ行

パチスロBOM TOPへ