パチスロBOM
パチスロBOM
パチンコ・パチスロ用語(や・ら・わ行)
役物(やくもの)
パチンコ機の盤面に搭載されている玉を振り分けるための、回転体やフィギュア、風車などの総称。
パチンコ機独自の装置だが、パチスロ機でも役物を搭載した機種も存在する。

有効ライン
パチンコやパチスロで、図柄や小役が揃ったときに大当たりやボーナスになるラインのことを有効ラインと呼ぶ。パチンコでは1ラインか5ライン、パチスロでは1ラインか7ラインの有効ラインが主流。
なかには1ラインなどの変わった有効ラインを持つパチンコ機やパチスロ機もある。

遊技メダル
メダル、コインの法律上の呼び名。

遊パチ
手軽に安く遊べるパチンコ・パチスロ機の愛称が遊パチとなる。
一般的に大当たりやボーナスの確率が高めに設定されており、気軽に楽しめるようになっている。ホールで使用される遊パチのシンボルマークは、手軽に安く遊べる遊技機の目印になっている。

宵越し
閉店時に潜伏しているARTや天井等を翌日の開店から狙う行為。
大抵は設定変更等で消滅することが多いが中には設定変更をしても消滅やゲーム数が変更しない機種もあるため朝イチの立ち回りに有効な手段の一つとなる

予告(よこく)
パチンコではリーチや大当たり、パチスロでは小役やボーナス成立を期待させる前兆演出のこと。
パチンコでは主に液晶で、パチスロでは液晶・音・ランプによって予告を知らせている。

予告音
音による演出方法の一つ。
リールが回転するときまたはレバーON時に発生し、特定の小役成立や演出発展を示唆する役割を持つ。

4号機
1992年から製造されているパチスロ機の形式。CT機、AT機、ストック機などが存在した。

ライン
絵柄が揃ったとき有効になるライン。基本は横3ラインと斜め2ラインの合計5ライン。

乱数(乱数方式)
パチンやパチスロコの大当たり抽選方式の一つ。
パチンコ玉がスタートチャッカーを通過したときに乱数を出し、それがデジタルに反映される抽選方式のこと。乱数と言っても完全な乱数ではなく、実際は擬似的に偶然性を生み出している。

リーチ目
通常プレイ中にボーナスが確定する出目をリーチ目と呼ぶ。

リセット
小役カウンタが0になっている状態。

リセットモーニング
朝一に電源や設定をリセットすることで通常より当たりやすくなる現象。

リプレイ
コインを投入せずに再度ゲームをできる小役のこと。
リプレイ入賞時は、コインの払い出しはないが、コインの投入無しで再度プレイができる。
またリプレイ時にコイン投入無しでプレイできるゲームをフリーゲームと呼ぶ。

リプレイはずし(リプレイハズシ)
ビッグボーナス中にJAC IN(リプレイ)を故意に外す打ち方のことで、4号機時代のパチスロ機で主に用いられた打ち方の一つ。
リプレイを故意に外すことで小役ゲームを引き伸ばすことができ、コインの獲得枚数を増やすことができる。なお、5号機では、獲得枚数の上限が決まっているため本来のリプレイはずしが搭載されている機種はない。

リプレイタイム(RT)
通常時より大幅にリプレイ確率が上がってコインをあまり減らさずにプレイできる状態。
一般にはリプレイ確率が上がりコイン持ちを良くする機能となる。

リミッター
パチンコ・パチスロにおける大当りの上限のこと。

リール
パチスロの構成部品の一つです。
ドラムの表面部分にあたり、図柄が描かれている。
リールは多くのパチスロ機では21個の図柄からなり、1回転あたり約0.7秒で回るというのが主流になっている。

リール制御
パチスロのリール部分をコンピューターのプログラムによって停止させる機能のことをリール制御と言う。
リール制御ではどのようなフラグが成立して、どの成立小役を引き出せばよいのかをプログラムで計算し、リールを停止させる。また、制御方法には主にコントロール方式のパチスロ機とテーブル式のパチスロ機が存在する。

リール制御方式
リールをどのように止めるかを決定する方式。主にコントロール方式とテーブル方式とがある。
コントロール方式は4号機以前の機種の主流で、ボーナスフラグが立った場合、ボタンを押した位置から最大4コマまで引き込んで止める方式。そのためボーナスが成立するとリールがスベるようになる。
対してテーブル方式は4号機以降の主体となる方式で、ハズレを含む成立フラグでそれぞれいくつかのリールを止める位置を決めた「テーブル」を設定し、そのテーブルに従ってリールを止める方式。
コントロール方式に比べ、多彩な停止パターンを演出できる利点を持つ。

理論値(りろんち)
パチンコやパチスロの機種のスペックを元に算出された値。
パチンコでは大当たり確率、パチスロでは機械割などで理論値という言葉が使われ、プログラム設計・スペックを基にして算出される。

レア役
パチスロにおいて、RT・AT・ART・ボーナス等の抽選契機となる役。
中でも、出現率の比較的低い役(スイカ・チェリー等)を指してレア役と呼ばれる。

レギュラーボーナス
パチスロにおけるいわゆる「小当たり」。
「オバケ」とか「バー」とも呼ばれる。

連荘
当たりが、短いゲーム数で連続すること。「連チャン」と同じ。

連続演出
特定小役を引いた後に数ゲームかけて行われる演出。
パチンコの連続演出は疑似連がからみ厳密的にはその回転で行われる事が多いが、パチスロの場合は同一回転ではなく数ゲーム経過する。

割数(わりすう)
パチンコ・パチスロの出玉率のことを割数と言う。
パチンコやパチスロでどれだけお金を使って、どれだけ玉やコインを出したかを数値で表したもの。

1確(ワンカク)
第1停止の時点でボーナスが成立する出目のこと。「イチカク」とも読む。

ワンパン
ビッグボーナスの際に、3回のボーナスゲームを1回しかできずにパンクしてしまうこと。



あ行/か行さ行/た行/な行/は行/ま行

パチスロBOM TOPへ